第30回全日本級別サーフィン選手権大会(2012)を開催コンテストレポート!!!

5月18日(金)~20日(日)の三日間、全国70支部から約260名の選手がエントリーし
宮崎県南部に位置する日南は昭寺園ポイントにおきまして第30回全日本級別サーフィン選手権大会(2012)が開催されました。

日本でも有数のサーフスポットが数多く点在する宮崎日南はサーフィンの歴史も古く、
地元サーファーによって大切に守れてきました。
その日南で初めて開催された主催大会級別選手権は多くの宮崎県南サーファー協力のもと白熱した大会となりました。

各クラスの予選ラウンドが行われた初日、二日目は、天候は快晴、波はやや物足りないコシ前後でしたが、
潮周りによっては十分アクションが入れられる時間帯もありました。
各選手ともにポジショリングが難しい中、たまに入るセットに対してどう演技するかで大きく勝敗が分かれ、
近距離でブレイクする波へのアプローチは、ギャラリーからの声援も海の中の選手に届く見ごたえ十分なヒート展開が続きました。

そして大会最終日はあいにくの雨模様、波は開始時点では小さめでしたが
前日からの地元サーファーの予想どおり徐々にサイズアップし勝ち残った選手のスキルの高さを実証出来る
ファイナルデーが始まりました。

 

3rdのセミファイナルを覗き1ヒートは20分、最終日は全て1ポイントで行われ選手は広範囲にポジションを変えながら、
たまに入るショルダーの伸びる胸サイズの波での戦いとなりました。

 

ロングはメン、ウィメン供に強豪千葉東支部の岡澤 紫穂選手 、中山 祐樹選手が優勝!

BBウィメンは昨年の全日本選手権とグランドチャンピオンゲームの優勝者相田桃選手(千葉東)が貫禄の優勝!

BBメンは昨年の級別から連覇を果たした千葉東支部の柳瀬 憲治 選手が優勝!

ショートボードウィメンクラスは世界ジュニア代表の黒川 日菜子(大阪) 田代 凪沙(横浜)両選手が熱い戦いを見せ
今回は黒川選手に軍配が上がりました。

4thクラスは3名のキッズ、ボーイズクラスの選手に一人48歳の松尾 英次選手(鹿児島)の戦いとなり
終始ヒートをリードした植田 海志選手(和歌山)が優勝!

3rdクラスは地元日南からエントリーの田中大貴選手(宮崎)が中盤に4位から逆転して優勝!

そして一番盛り上がった1、2級クラスは波もサイズアップしながらハイレベルな戦いとなり
ホーン終了まで1,2位の選手の順位が入れ替わりながらも最後にヒートを制したのは小林 直海選手 (湘南藤沢)!

今回の大会はショートにおいては更にキッズ、ボーイズ、ジュニア、ガールズ選手の台頭が目立ち
今後のNSAのレベルアップにおいても明るい材料が沢山見受けられました。

 

3日間の開催に関し誘致、御協力頂いた日南自治体やローカルサーファーの方々には
素晴らしいポイントでの大会が出来た事に感謝し、れからも主催・公認大会を開催していきたいというメッセージも頂きました。

 
こうして今年第一回目となった主催大会第1戦,級別サーフィン選手権は無事閉幕となりました。

→大会結果はこちら

■オンラインTV毎月第2.4月曜日、PM5:30~より生放送、( 約30分番組 )
NSA情報番組その名も「NSA WAVE」!!

■サーフィン日本代表応援オリジナルグッズ販売中!
 
さぁ、みんなで日本代表を応援しよう!!今年度より、サーフィン日本代表応援グッズを販売します。
この収益は日本代表選手の強化・育成費用にあてられます。
日本のサーフィンがよりレベルの高いものになるよう、みなさん応援してください。

 
日本代表応援グッズは→こちら

■NSAが、FACEBOOKはじめました!
 

みなさん、最新情報をFACEBOOKから、チェックしてみてください!
FACEBOOKは→こちら

<お問い合わせ>
NSA 日本サーフィン連盟事務局
〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-9
お茶ノ水ウチヤマビル4
F TEL:03-3818-0612
FAX:03-3818-9903