2011年度 BLOCK東京 救援物資活動 現地へ届く!

2011年4月2日~3日にかけ 、 東京都 大森駅にて被災地へ東京支部サーフィン連盟が救援物資を届ける活動が行われ、難場所としている宮城県気仙沼市本吉町にある小泉中学校へ第一回 救援物資を無事、届ける事が出来ました。

被災地へ東京支部サーフィン連盟が救援物資を届ける事が可能となり、宮城県・東北地方で被災された方の非難所にまだまだ救援物資が届いていない現状を把握した、東京支部・藤曲マディさん・川俣さんが4月3日(日)に非難所に救援物資を届ける事になったのをきっかけに、東京1区~4区全ての物資が集まったことで出発。

サーフ・アイ所属 藤曲マディさん・加藤雅規さん・高田久志さん・千葉かおりさん・ブルーマウス所属 川俣さん家族が今回の救援物資をハイエース二台に積み込み、避難場所としている宮城県気仙沼市本吉町にある小泉中学校に救援物資を全て届けました。

集めた救援物資は被災地の人達に本当に喜んでもらい、次回もその避難場所に向かう予定となっております。

<BLOCK東京 救援物資活動 現地へ届く!>
http://photo.surf-reps.com/photo/2011/03blocktokyotouhoku/index.html

◇次回 東京支部サーフィン連盟・救援物資収集予定物資 詳細◇

◆必要物資一覧◆
・冷えピタ
・ジャージー下
・Tシャツ
・洗濯洗剤
・靴
・ガムテープorゴミ袋
・モモヒキユニセックス
・肌着女性用
・ズロース女性用(サイズ大)
・スポーツブラ(M、L、XL)
・エプロン割烹着
・コルセット

そして、今回が第一回で終わる事無く、東京サーフィン連盟では長年に渡り応援活動を行っていきます。
本当にご協力頂いた東京支部1~4区、各登録ショップ、各登録チーム、心よりお礼を申し上げます。

東京支部長 山崎 信男