‘サーファーインタビュー’ カテゴリーのアーカイブ

1 2

プロサーファー・高橋みなと ミニスポンサー募集!

2015年6月2日 火曜日

サーフィン世界最高峰の舞台に、東北復興メッセージ「Re:Sendai」を伴って挑戦!

 

 

仙台出身プロサーファー“高橋みなと”が、
サーフィンの世界最高峰の大会である「WSL(WorldSurfLeague)」QS部門(QualifyingSeries)に挑戦するに当たり、海外遠征費の小口ミニスポンサーを募集致します。

高橋みなと(21歳)は、ジュニア時代(17~20歳)に日本代表選手として
「ASP・World Junior Championship」に参戦する等、期待値の高い若手サーファーとして
幅広い注目を受けていました。
20歳を超えて、今後はシニア選手として世界の強豪と戦います。

・WSL公式サイト= http://www.worldsurfleague.com/

※コンセプト(高橋みなとの想い)=東北復興メッセージ『Re:Sendai』

高橋みなとは仙台市出身であり、活動拠点を仙台市とする事に拘ってきました。
2011年、東日本大震災(18歳時)を受け、競技活動を一時中断し、地域活動を行うと同時に、
自分にできる事は何か?と常に自問自答するようになり、その答えが
「同じ海を愛する世界中のサーファー達に、自分が見た事、考えた事を伝えなくてはならない」と
気付き、仙台出身サーファーの使命として位置付けました。

世界最高峰の舞台「WorldSurfLeague」への挑戦心が復活しましたが、
以前のように単に競技(戦績)追求を行うのでは無く、
震災を受けて学んだ想いを伝達する事も追求し、
2つを融合して追求する事を「Re:Sendai」と名付けて活動する事を決心しました。

海の脅威、海の大切さ、東北の現状、人間のあり方、人の絆・・・仙台在住だからこそ知れた、
地球・海・人の重要性を、海を愛する世界中の仲間達に伝えていきます!

勝てば勝つ程に発言機会が増す為、「勝つ事=伝える事」と捉えて、サーフィン人生に臨みます。
このような中で、海外遠征費を大幅に不足しており、
趣旨に賛同して頂ける方々に御協賛を御願い致します。

////////////////////////////////

   スケジュール

////////////////////////////////

2015年度WSL(WorldSurfLeague)は1月よりスタートしており、
後半戦となる第7戦以降のQS部門(QualifyingSeries)への参戦を望んでいます。
既に終了した第6戦までのQS部門に日本人女性選手が7名参戦しており、
実力がありながらも資金難で参戦できなかった悔しさが残ります。
どうぞ、戦績が期待される高橋みなとを皆様の御支援でQSに導いて下さい!

※2015年度QS(Qualifying Series)
 ・第07戦=06月15~21日/メキシコ(6000atar)
 ・第08戦=07月24~26日/カリフォルニア(6000atar)
 ・第09戦=07月27日~08月02日/カリフォルニア(10000star)
 ・第10戦=08月19~23日/ペルー(3000atar)
 ・第11戦=08月25~30日/フランス(1500star)
 ・第12戦=09月01~06日/スペイン(6000atar)
 ・第13戦=09月23~27日/スペイン(6000atar)
 ・第14戦=10月26~31日/ブラジル(3000atar)
 ・第15戦=11月04~08日/チリ(3000star)

 

【一般社団法人アスリートエール】

世界チャンピオン称号者50名以上を含む、マイナー競技選手880名以上が活用するオンライン後援会“アスリートエール”を運営。

これは、現在流行中の短期瞬間型のクラウドファンディングではなく、資金難のマイナー競技アスリートが中長期持続型で資金調達を目指す“スポーツファンディング”としてサポートするもので、「常時後援会型」と「短期プロジェクト型」の2タイプある内、後者の第9弾として、2015年度WSL(WorldSurfLeague)のQS部門(QualifyingSeries)への参戦を狙うサーファー“高橋みなと”の競技資金協賛(小口ミニスポンサー)の募集を開始致します。

・募集サイト=http://www.athleteyell.jp/takahashi_minato/sports_funding/13/

・募集期間=2015年6月1日~8月15日

・目標金額=¥100万

・協賛金使途=全額、遠征費として使用

////////////////////////////////

   協賛メリット

////////////////////////////////

■¥5000以上の御協賛で

「Re:Sendai/ファン・マッピングボード」東北地図をボードに配置して、海部分に青色で協賛者の御名前を記載します。

(御一人の御名前幅≒5cm程)

大会用ボードの為、皆様の応援心(御名前)を背負って戦わせて頂きます!

私と共に戦って下さい!そして、「Re:Sendai」を伝える場に一緒にいて下さい!

■¥2万以上の御協賛で

御一人の御名前幅≒10cm程に拡大

■¥5万以上の御協賛で

更に・・・高橋みなとセレクト海外戦地の御土産

■¥20万以上の御協賛で

W20cm*H20cm程の企業ロゴ(個人の方は個人名)を1年間貼示します。

 ※皆様の御名前を記載した「Re:Sendai/ファン・マッピングボード」は、本人ブログ・facebook・アスリートエールにて露出します。

 

////////////////////////////////

 高橋みなとプロフィール

////////////////////////////////

・1993年08月09日、宮城県仙台市出身

・身長=158cm、体重=52kg

・所属=JAPSS

・拠点=宮城県仙台市

 

父の影響で小学3年生からサーフィンを始め、いつしか世界で活躍するプロサーファーを目標とする。
ジュニア時代は、学校以外の朝方と夕方、毎日休みなく仙台新港でトレーニングを行い、国内TOPクラスを維持。
2011年18歳時に東日本大震災を受け、東北沿岸部の被災でサーフィンができなくなる。
以降は週2日の車中泊で東北以外の地でのトレーニングが可能となったが、何か心に引っ掛かりがある事を自任する。

その後プロ資格を得て、国内戦を順調にこなし、世界戦にも出場できたのは父親からの資金サポートによるものだったが、20歳以降は自立して、アルバイト収入と僅かな協賛金のみで世界を目指す事となる。

資金不足で国内遠征もギリギリ状態ではあるが、サーフィン人生のもう1つの目的が明確となり、東北への寄与=「Re:Sendai」という考えの元、何としても世界の舞台で活躍する事を模索中。
 

【戦績】海外世界戦のみ抜粋

・2009年 ISA/World Junior(ECUADOR)=ガールズ31位

      ISA/World Surfing Games(COSTARICA)=ガールズ29位
・2010年 ASP/World Junior Championship(Bali)=ガールズ17位
・2011年 ASP/World Junior Championship(AUSTRALIA)=9位
                     ISA/World Junior(PERU)=46位
・2012年 ASP/World Junior Championship(BALI)=9位
・2013年 ASP/World Junior Championship(Brazil)=17位
 

◇アスリートエールとは

マイナー競技選手の最重要課題は、大きく①競技資金不足、②PR不足の2つ。

アスリートエールでは、各選手が個人ページを作り、そこから個人小口協賛金を収集するシステムを無料提供しており、これを「オンライン後援会」と称しています。

月¥数万~1度で¥120万の投資を受ける選手もおり、資金難アスリートの資金調達策を880名以上が活用中。
又、企業協賛マッチングや企業job仲介による資金対策や、メディア出演マッチングによるPR面もサポート。

◇スポーツファンディングとは

http://www.athleteyell.jp/sports_funding.html

日本国内でも、少額の寄付金を募るクラウドファンディングが流行していますが、短期的で、情報認知者の関心度に左右される傾向があります。

一方、アスリートは競技人生が長く、自らを応援して頂ける「ファン」を保有していますので、より投資者と密接な関係を作り、より継続的にファンから支援して頂く体制を構築する必要があり、アスリートエール事務局も選手と一緒に資金調達に臨む形を「スポーツファンディング」と称して、アスリートのサポート体制の主力として位置付けています。

◇アスリートエール団体概要

・団体名=一般社団法人アスリートエール

・役員名=理事:岩田一美・岡本晃昌

・所在地=〒150-0047 東京都渋谷区神山町11-17-2F

・定款=http://www.athleteyell.jp/company.html(最下部PDF)

・提供内容=アスリート向け「オンライン後援会」システムの提供

      ※主な機能

       ①アスリートの資金調達サポート

        =ミニスポンサー(月¥525~の個人小口協賛金)による競技資金の収集。

       ②アスリートのPRサポート

        =公式サイト代わりの選手ページが、ファン・企業・メディアの窓口として機能。

       ③アスリートの競技生活サポート

        =企業Job・メディア・スポンサー仲介、セミナー提供、個別コンサル等。

 

・登録選手数=882名(2015年5月22日時点)

・登録競技数=100種類以上

・登録ファン数=23997名

・累計協賛回数=2334件

・過去最大投資額=1個人から1選手へ¥120万

 

 

 


MELチーム ライダー本橋政則の最新ボードの紹介

2015年3月10日 火曜日

MELチームライダー本橋政則の最新ボードの紹介

ウオーターマンリーグの大会を転戦している本橋政則。
SUP世界最前線の波乗り大会を転戦する本橋のボードへの要望は、強くDave Melにハイレベルなボードを常に要求している。
本橋の成績も参戦から上がり今年はトライアルからではなく、本戦から出場するいわゆるシード選手と成った。
昨年は10本を越えるボードを本橋用に作り更に多くのデータを蓄積しました。

2015最初に下ろしたボードは、ホトム形状の変更により高速性能をそのままに更に反応が早くなり、乗り易さも向上したと本橋は言う。

motosup2015101800motosup2015102800

メル MEL 
MEL SURFBOARDS
http://www.blowup-trading.com/mel.html

 

<お問合せ>
ブローアップトレーディング
TEL:042-973-4173
http://www.blowup-trading.com/


インタビュー特集:Rip Curl Camp 2012「Hell Team」参加!! 新井洋人の決意

2012年11月16日 金曜日

冬場、世界中のサーファーを興奮させる大波が到来することでよく知られるノースショア。

大きくゴリゴリな波が来る10月末から11月末までの1ヶ月 間、ノースショアにステイする事を決意した新井洋人プロからインタビュー記事が届きました。

到着した洋人は奇跡的にRip Curl Camp 2012「 Hell Team 」へ参加決定!!インタビュー記事と共にビッグウェイブへチャレンジするライディング写真もお楽しみください。

写真・記事提供:EQUIS PRODUCTIONEMERY SURFBOARDSAUS WaveMagazine

このキャンプはRip Curl internationalが注目する世界ジュニアサーフ ァーを厳選し、選ばれた選手のみが参加可能となっているキャンプ。アジア人としてただ1人新井洋人が選抜され、ア メリカ2名、オーストラリア3名、フランス2名、ハワイ・ニュージーランド・ブラジ ル各1名の総勢11名が参加。

ノースショアにフォーカスしたキャンプであり、ステイ先は Off the wall 前にあ る3階建てのBIG HOUSE

コーチ陣にはRip Curlが誇る世界的ライダー、トム・カレン氏とパンチョ・サリバン氏が務め、よりグレードの高いキャンプとなった。

トム・カレン、ライディングPHOTO

パンチョ・サリバン氏

コーチ陣のライディングに目を奪われる参加ライダー達。もちろん腕前は衰えを感じることなく、皆をストークさせていた。

内容としてはトップレベルのコーチがハワイ特有のパワーある波でのライン取り、Backdoorでのカレントの使い方、世界レベルでの試合を模索した内容、フリーサーフィン、フリーセッションなどなど洋人は海外選手と同等な扱いで世界のステージでのサーフィンや戦い方などを覚える事に標準を合わせた合宿となった模様。

2年ぶりのノースの洋人。前回、板のサイズが小さいながらもサンセット12フィートに挑戦。人間スシロール(笑)のようにサンセットのボトムを転がったと笑いながら話していた洋人だが、今回はリップカール・キャンプのおかげで沢山の経験と実力を得ることができたと話す洋人。

その成長もライディング写真が物語る。

Q.このキャンプはおもに何を中心としたキャンプでしたか!?
A.ノースショアに徹底してフォーカスしたキャンプでした。

Q.レジェンドサーファー、トム・カレンがトレーナーでいたけど、彼が伝えたこと で印象に残ったことは?
A.Backdoorのカレントの使い方。バックドアのカレントは独特なのですごく勉強に なりました。

Q.撮影はいつもの撮影と何か違った?
A. 4人くらいのカメラマンがいたので、どこのポディションでどんなショットを狙う かを気をつけました。

Q.参加者で一番気になった選手は?
A.テイラー・クラークFrom USA

Q.キャンプ中で一番楽しかったことは?
A.ビリヤードですね!

Q.キャンプ中で苦手だったことは?
A.サラダに入っていたトマト….
Qキャンプを受けて今後どうしていこうと考えた?
A.ハワイでは今までどうり、自分のペースを保って少しずつでかい波をうまくなってい きたいです。
1週間のキャンプを振り返り意気込みを語ってくれた洋人。

「このキャンプに参加できた事によりハワイでのボード選びや、 カレントの使い方など本当に多くを学ぶ事が出来ました。同世代の個性溢れるトップ サーファー達と、新しいポイントでサーフできたことはすごく刺激的だったし、皆と仲良くなれたので、とても楽しい1週間となりました。これからも今ま で通り自分のペースを保ちながら、ハワイではビッグウェーブで魅せるサーフィンができるよ うに頑張ります。これからも応援、宜しくお願いします!」

話を聞くと本当に楽しいキャンプだった様子。
本来は参加予定だった訳でなく、今回ベストタイミングで参加できた事。これもまた洋人マジックと言えるだろう。

帰路につく友人たちのケアも皆でする事で、さらに深い友情に結ばれるこのキャンプはとても貴重な体験になったに違いない。

そして洋人はこれから2週間ハワイにステイする。体も目も慣れてきた頃。彼のペースでさらなる挑戦をしていくだろう…

ビッグウェイブを凌駕する新井洋人の活躍を見る のがとても楽しみですね♪GO HIROTO!!


Welcome to glidz !!! 槙野 明弘プロ Team glidz新加入へ

2012年9月21日 金曜日

2012年9月、JPSA公認サーファーであり、伊豆・多田戸をホームブレイクとする 槙野 明弘プロがTeam glidzに新加入しました!!

アグレッシブかつトリッキーなサーフィンを武器にアマチュア時代では数々の好成績を残して来た槙野プロ。しかし、昨年度に大きな怪我に見舞われたものの見事、復活を果たしJPSA最終戦に出場。まだボルトが足の内部にあるそうだが、伊豆が生んだニュージェネレーションの活躍にglidzも見守っていくとの事。

真冬のトレーニングもしっかりと積み、来年度の完全復活した槙野プロの活躍が大いに楽しみな所だ!

◆New Team glidz Pro Rider プロフィール◆
槙野 明弘 (マキノ アキヒロ)
ニックネーム:アッキー・AKKI
身長170cm・体重62kg
生年月日:1988年2月23日
血液型:A型
ホームポイント:伊豆 多々戸
所属ショップ:Baguse

異性のタイプ:ノリ×100の良い子
好きなサーファー:ジョディースミス
好きなポイント:多々戸
好きな食べ物:たこ焼き
嫌いな食べ物:ナス
今後の目標:JPSA優勝!!

ファンメッセージ: 11才(小学6年)のとき父の影響でサーフィンを初め2008年にJPSA公認プロになりました。応援宜しくお願いします!

<グライズ・オンラインURL>

http://www.glidz.com/top1.swf

<NEWglidz Homepage>
http://glidz.com/

<お問い合わせ>
glidz japan
http://www.glidz.com/company.html


「トップアスリートの強さの理由」 新井洋人がディスカバリーチャンネルに出演決定!

2012年9月11日 火曜日

自然、科学とテクノロジー、ヒューマンアドベンチャー、ワールドカルチャー、歴史など、未知の世界を素晴らしい映像でお届けしている世界最大のドキュメンタリーチャンネル、ディスカバリーチャンネルにて、「トップアスリートの強さの理由」<強靭(きょうじん)な肉体、決して折れない強い心―アスリートの強さは人々を魅了し、時に見る者の心を強く揺さぶる/トップアスリートたちの強さの理由をさまざまな角度から検証する番組>にて、今回は、レッドブル・アスリート、プロ・サーファーの新井洋人を取り上げる。

世界のトップサーファーがひしめくオーストラリアをトレーニングの拠点とし、日本人未踏のWCT(ワールドチャンピオンシップツアー)へ近づいている。「小さな巨人」と称される彼の強さの理由とは? さまざまな角度から検証する。

【放送日時】
9月20日(木)21:48~22:00
9月27日(木)21:48~22:00 再放送
10月4日(木)21:48~22:00 再放送

<詳細URL>

https://japan.discovery.com/episode/index.php?eid1=999999&eid2=000206

<視聴方法詳細URL>
http://japan.discovery.com/guide/index.html

<お問い合わせ>
ディスカバリーチャンネルお問合せ窓口
・一般お客様用窓口
カスタマーセンター
TEL:0120-777-362 年中無休 10:00~18:00
http://japan.discovery.com/contact/index.html


53歳のコンペサーファー、市川聡さん

2011年10月20日 木曜日

市川聡 (いちかわ さとし)

1958.1.5生まれ (53歳)
東京都出身在住
ホームポイント: 千葉北、鹿島
身長: 178㎝、体重: 66kg

18歳からサーフィンを始め、サーフィン歴は35年。
NSA東京支部で全日本選手権の常連選手。

サーフィンは週1回程度のペースだが、サーフィンのためのトレーニング(初動負荷トレーニング)を
6年前から始め、現在トレーニングは週3~4回行っているという。
つまり週4~5日は体を動かしていることになる。

通常体重を70kgから2年前に66kgに落とし、サーフィンの調子が上がっているという。
このあたりの体調管理の徹底ぶりにコンペティターらしさが表れている。

今回の使用ボードは小波用の5finミニボード。
サイズは5’6でクワッドセッティングで使用。

仕事は東京都板橋区のサーフショップ、セルフィッシュのオーナー。

セルフィッシュ
東京都板橋区赤塚新町3-9-11
TEL:03-3976-1554
http://www.surf-reps.com/coupon/selfish/coupon.html
http://www.selfishsurf.com/

ちなみに。。。

市川さんに似ているプロサーファーは。。。

「増田章司プロ」

(サーフィンレップス長谷川の意見です。。。)

市川聡さん↓↓↓

増田章司プロ↓↓↓

市川聡さん↓↓↓

増田章司プロ↓↓↓

増田章司プロは静岡県三島市のサーフショップ、boothでショップスタッフとしても活躍しています。

ブース
静岡県三島市玉川267-2
TEL:055-960-9973
http://www.surf-reps.com/coupon/booth/coupon.html
http://www.booth.co.jp/

PHOTO&TEXT: N.HASEGAWA


O’Neillの契約ライダーマリア・マニュエルが見事優勝を果たしました!!

2011年10月3日 月曜日

 

 

2011年9月15日から17日の3日間、スペインにて行われました.
ASPウィメンズ 6-Star
“カブレイロア・パンティン・クラシック・プロ”大会において
O’Neillの契約ライダーであるマリア・マニュエル(Malia Manuel)ハワイ出身、18歳が見事優勝を果たしました。

セミファイナルを振り返り、マリア・マニュエルは“本当最高に楽しかった。
他には何も考えず、ただサーフィンを楽しむことができた。最高の波に心を開いて、ただその波に乗り続けたわ。
女の子とたった二人で、波を”貸し切り“で楽しむのは本当に気持ちよかった。
そこで満足のできるヒートとスコアを刻めたのは、本当に素晴らしかったわ。”

 

(Web) http://www.oneill.com/


Blue.リリース!!

2011年9月15日 木曜日


サーファーの理想の生き方

BACK TO
SIMPLE LIFE
ショーン・フィネリー/セイジ・ジョスケ/パリッシュ・ワッツ/ソレイス&フレンズ/ マシュー・ピッツ&ラクラン・レッキー/
マティ・チョナッキー/ネイザン・グレイ/ ロビン・レン/カーリー・マッキー/ジェーン・コリンズ/アルビー・ファルゾン/
ジョン・ウィツグ/シンプルライフを巡る旅 アデレイド~マーガレット・リバー

Blue. No.31
2011年9月10日発行/1290円

<お問い合わせ>
株式会社ネコ・パブリッシング
Blue.編集部
TEL:03-5723-6003


EMERY SURFBOARDS RIDER 最新ムービー!

2011年8月10日 水曜日

EMERY SURFBOARDS ワールドライダー・Stephen Walsh最新ムービーです!

Hiroto Arai USOpen Projunior 2011 from Equis Productions on Vimeo.

さらにはUSOPENにてラウンド32まで駒を進め、コロヘ・アンディーノ&ジョンジョン・フローレンスと対戦し、3位となったが見事な戦いを披露し、17位フィニッシュへ。新井洋人プロの最新ムービーもどうぞ!

<EMERY SURFBOARDS>
http://www.emerysurfboards.jp/
http://emery-surfboards.blogspot.com/


「2011夏!!地球を感じろ!!海を楽しめ!!」(Feel The Earth)

2011年7月11日 月曜日

「2011夏!!地球を感じろ!!海を楽しめ!!」

でもその前に・・・。
今、福島の海、日本の海はどうなってんの?
スペシャルゲストを迎え、海の現状やサーファーの想いを聞かせてもらいます。
俺たちにできること何かないの?
同じ波人として、愛する海のためにできることが絶対にあるはず。
俺、またいつか子供たちと乗りたいんだ!福島のあの波に!!
この日は、そのための第一歩。さぁ、飲め!歌え!踊れ!音の波にTAKE OFF!!!
by TOMMY WAVE


◆7月14日  ◆時間 開場 12:00/開演 13:00

◆出演
The SunPaulo/GAKU-MC/Jr.Dee&610-chang/TAKACHA/ヨースケ@HOME
AFNICA/TEST RIDERS/Osumiking&Shinoyang/55☆SOUTH/DJ MaRia
福島大学准教授 奥本英樹/福島BRAVE PROJECT 平学
守山倫明/真木蔵人/堀口真平
◆チケット好評発売中
前売り:2,000円 当日:2,500 円(+ドリンク)
withフライヤー(15時までの入場に限り)
女性:1,000円 男性:2,000円

*要顔写真付身分証明書。
(アルコール、タバコ販売の未成年判別のため)
音霊チケットセンター 03-5800-5045(10:00~18:00)オペレーター対応
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:140-167)
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:79314)
イープラス http://eplus.jp/(PC・mobile)
CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00)オペレーター対応

さらに!!当日は会場に来られない方々のためにUSTREAM配信が決定!!
世界各地でのパブリック・ビューイング会場も!!
是非あなたも仲間とこの時間を共有してください!!
配信予定時刻12:30~20:30
http://www.ustream.tv/channel/feeltheearth714
7月14日は世界の波人が音霊に注目!!

◆アクセス
湘南新宿ラインで、渋谷駅から約55分!
京急線で品川から約50分!

 
<お問い合わせ>
OTODAMA 運営事務局(11:00~20:00)046-870-6040
PC http://www.otodama-beach.com/
MOBILE http://www.otodama-beach.com/m/


1 2