ASP PRIME Quiksilver Pro Portugal 優勝はジュリアン・ウィルソン!

ポルトガル、エリセイラ、リベイラ・ディルハスにて行われたASP PRIME Quiksilver Pro Portugal。
激戦を制したのは、世界からそのルックスとサーフィンを認められ始めたスーパースター・ジュリアン・ウィルソン選手となりました!

ASP PRIME Quiksilver Pro PortugalはASPワンワールドランキングで高いポイントを取得可能な事からエリートツアークオリファイ、もしくは残留を目指す多くの世界最高峰のエリートツアーサーファー達のエントリーを集め、更にASPヨーロッパシリーズのシリーズチャンピオンを目指す多くのASPヨーロッパリージョン所属の選手も多くエントリーをしているだけあって、最高峰の試合が展開された。

決勝はジュニア世代を引っ張っているGabriel Medina との戦い。

ゆっくりのスタートかと思われたが、優勝を見据えたジュリアン・ウィルソンのサーフィンは素晴しい勢い!波との相性もマッチし、とにかく、アベレージスコアが高い!7.33ptからスタートし、 8.33pt~6.33 pt~6.60ptと慣らすかの様な、綺麗なマニューバーから後半戦になるとさらに爆発!スピード・パワー・コンビネーション、全てが美しくライドした2本は9.80pt・9.7ptとほぼパーフェクトに近いサーフィンを披露し、ぶっちぎりの優勝を果たし6500Pts, $40,000(日本円約320万相当)を獲得した。

ますます、白熱してきたWQS(ワールドクウォリファイシリーズ)は若手選手がサーフィンのレベルを新しい世界へ導きはじめたかも・・・
そして、6月を過ぎ後半戦へと向かう。日本の侍、大野マー選手も 今大会はR1での敗退となってしまったものの、PRIME イベントへ参戦し、世界最高峰のレベルへと向かっている!
WT(ワールドツアー)を目標とする選手たちにとって、これからが本番となる。

<ASP PRIME Quiksilver Pro Portugal 結果>
優勝:Julian Wilson (AUS) 19.37pt
2位:Gabriel Medina (BRA) 12.83pt
3位:John John Florence (HAW)・Miguel Pupo (BRA)

<イベント ホームページ>
http://quiksilverlive.com/proportugal2011/home.en.html