ジュニアツアー第5戦「QUIKSILVER PRO JUNIOR SHIKOKU OPEN」 明日から開幕!

  ジュニアツアー第5戦「QUIKSILVER PRO JUNIOR SHIKOKU OPEN」が8月18日(木)~20日(土)まで高知県 東洋町 生見海岸にて開催!

5月に鹿児島県奄美大島で第1戦、7月に神奈川県藤沢で第2戦、今月初めに千葉県一宮で行われた第3戦目がすでに行われジュニアリーグの最終戦となる第4戦「QUIKSILVER PRO JUNIOR SHKOKU OPEN」はジュニアにとっては重要なポイント争いの最後の砦となる。各選手上位5位までの入賞を基準に、(ガールズは上位2名)10月から始まるワールド・ジュニア・チャンピオンズ代表の座を争い2011年シーズンのツアーランキングを獲得する最後のチャンスであり、ジュニアの熱きバトルが見れるだろう!

ジュニア(U-20)クラスでは、渡辺寛(宮崎)がトップを走り、2位に大橋海人(神奈川)、3位に加藤嵐(千葉)、4位が新井洋人(神奈川)、5位に田中海周(徳島)という順位。

ガールズ(U-20)では大村奈央(神奈川)が1位、2位に須田那月(鹿児島)
カデット(U-16)では仲村拓久未(三重)が圧倒的な強さを見せつけ現在トップの座にある。

ワールドジュニアチャンピオンズ(WJC)は、世界7地域から選抜された48人のジュニアが、インドネシア、ブラジル、オーストラリアで開催されるチャンピオンシップに招待され世界タイトルを争う世界最高峰の戦いの場であり、この試合で好成績を残す選手は将来のワールドツアー参戦に最も有利なシード権を得る事が出来、同時にこの大会で優勝をする事はジュニアの世界チャンピオンを意味する事となる。そしてWJCを目指し熱い戦いを迎えるジュニア、ジュニア・ガールズ共にクォリファイシリーズは第4戦を迎え、ガールズもこの試合「Roxy Junior Girls Open」の4戦からベスト3イベントスコアで1位2位となった選手が10月にインドネシア・バリ島で行われる「OAKLEY Pro Junior」に選抜されるため、この夏は引き続き重要な事は間違いない。

上記が18日木曜日の朝からキックオフされる予定で、20日土曜日の午後にはそれぞれのクラスでチャンピオンが決定し、ツアーランキングが加算され今年の夏のジュニアツアーに終止符を打つポイント争いが繰り広げられる。

このイベントはインターネットによるライブ放送されます。直接会場にお越し出来ない方はインタ-ネットライブ中継をお楽しみ下さい。

<イベント公式ページ>
http://www.aspjapantour.com/live/2011/ikumi/

<ASP JAPANオフィシャルサイト>
http://www.aspjapantour.com/2010/