世界戦で優勝したスーパー女子高生ボディボーダー 大原紗莉

世界戦で優勝したスーパー女子高生ボディボーダー 大原紗莉さん。

ベネズエラのマルガリータ島で開催されたISAワールド・ボディボード・チャンピオンシップで
プロボディーボーダーの大原紗莉さんが優勝しました。

日本人がボディーボードの世界戦で優勝したのは男女通じて初の快挙!

この快挙を日本有数のサーフスポット、千葉・一宮の一宮町が賞賛し、
一宮町が大原紗莉さんを表彰しました。

(左から)
一宮町会議員 鵜澤清永さん、紗莉さん両親、大原紗莉さん、一宮町長、一宮町役場の方々

今回の表彰実現に尽力した一宮町会議員で一宮ローカルの鵜澤清永さんと大原紗莉さん

一宮町長との対談の様子の一部。

次回の目標はIBAワールドツアーでの優勝だと語る。
先日行われたIBA GOPRO PIPELINE CHALLENGEでは惜しくも4位でしたが、
世界戦で安定した実力を見せた。

プロボディボーダー 大原紗莉 おおはらさり
生年月日  :  1995年4月21日

小学1年生からボディーボードを始め、中学3年生のときにプロボディーボーダーになる。
2012年JPBAプロボディーボード連盟 年間ランキング1位。
日本のトッププロとして活躍する傍ら、世界の試合にも積極的に参加している。
ボディーボードの世界チャンピオンに最も近い日本人の一人として注目されている。

弟にはプロサーファーの大原洋人プロを持つ、サーフィン界のエリート姉弟。